みやき町

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黄色に変更する黒色に変更する

担当課から探す

  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 町政情報
  • 観光・文化・施設
  • みやきで暮らす
ホーム>健康・福祉>お知らせ・注意喚起>感染症情報>「重症熱性血小板減少症候群」(マダニによる感染症)について

みやき町

「重症熱性血小板減少症候群」(マダニによる感染症)について

感染経路

ウイルスを保有しているマダニに咬まれることによって感染するといわれています。中国では、患者の血液や体液との直接的接触による感染も報告されています。

なお、このマダニは、通常、家庭内に生息するダニ(食器等に発生するコナダニや衣類や寝具に発生するヒョウダニ)とは種類が異なります。

症状

ウイルスを保有しているマダニに咬まれた後、6日から2週間程度の潜伏期間を経て、主に発熱、消化器症状(食欲低下、嘔気、嘔吐、下痢、腹痛)が出現します。時に頭痛、筋肉痛、神経症状(意識障害、けいれん、昏睡)、リンパ節腫脹、呼吸器症状(咳など)、出血症状(紫斑、下血)を起こします。

予防策

  • マダニに咬まれないことが重要です。
    特にマダニの活動が盛んな春から秋にかけて注意が必要です。
  • 肌の露出を少なくすることが重要です。
    草むらや藪などダニの生息する場所に入る場合には、長袖、長ズボン、足を完全に覆う靴を着用しましょう。
  • 屋外活動後にはマダニに咬まれていないか確認してください。
    ダニに咬まれても痛みやかゆみはあまりなく、気づかないことが多いためです。

マダニに咬まれた場合

吸血中のマダニに気がついた場合は、できるだけ病院で処置してもらってください。 
また、マダニに咬まれた後に、発熱等の症状が認められた場合には、医療機関を受診してください。


(こちらもご参照ください。)
佐賀県ホームページ
佐賀県感染症情報センターホームページ

お問い合わせ
民生部  健康増進課  健康づくり担当
TEL:0942-89-3915(北茂安保健センター)