みやき町

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黄色に変更する黒色に変更する

担当課から探す

サイトマップ

  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 町政情報
  • 観光・文化・施設
  • みやきで暮らす
ホーム>健康・福祉>お知らせ・注意喚起>感染症情報>麻しん(はしか)の感染事例が報告されています

みやき町

麻しん(はしか)の感染事例が報告されています

今後、さらなる輸入症例や国内における感染伝播事例が増加することが懸念されています。


麻しん(はしか)とは

麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症として知られています。

感染力が非常に強い病気です。下記の表を参考に発症が疑われるときは、登校や出勤などを控えてください。

特徴 感染力がとても強く、発症率も高い
感染経路 飛沫感染、空気感染、接触感染
潜伏期間 約10日から12日間
症状

・カタル期:発熱(38℃前後)、せき、鼻水など風症状

・発疹期:一時発熱が下がり、再度高熱(39.5℃以上)、赤色小発疹が顔から全身に広がる。

・回復期:体温が落ち着き、発疹は色素沈着し消退、回復に向かう。



患者の一部は肺炎や神経系の症状を合併し、まれに脂肪したり後遺症を残すなど重症化する場合がある。


治療 安静と対症療法

麻しんを疑う症状がある場合

麻しんの疑いがあることを医療機関に電話等で伝え、受診の要否等を確認してからその指示に従ってください。


麻しん(はしか)はワクチン接種が予防に有効です

1歳児と小学校入学前1年間の幼児は、定期接種の対象です。早めに接種をしましょう。

なお、定期予防接種の対象でない方も、過去に予防接種を受けていない方は自費による予防接種をお勧めします。(任意接種)


お問い合わせ
民生部  健康増進課  北茂安保健センター
〒849‐0113  みやき町大字東尾6436‐4
TEL:0942-89-3915  FAX:0942-89-3935