みやき町

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黄色に変更する黒色に変更する

担当課から探す

  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 町政情報
  • 観光・文化・施設
  • みやきで暮らす
ホーム>観光・文化・施設>伝承・伝説>伝承・伝説 夜泣き地蔵

みやき町

伝承・伝説 夜泣き地蔵

向島地区の乙護神社というお宮があります。
昔、そのお宮の近くでかわいい女の子が生れました。丸々と太った子でありましたが、日晴れがすんだころから夜になると目を覚まし、夜通し泣くようになりました。こんな日が何日も続き、子どももだんだんとやせ細っていき、ついに死んでしまいました。

イラスト:夜鳴き地蔵家の者はたいへん悲しんで、お宮の裏に女の子の墓を作り、お地蔵様を祭り、ねんごろに弔いました。

その後、近所にまた夜鳴きする赤ちゃんがいて、このお墓を参ったところ夜鳴きをしなくなりました。この話はだんだん広まって、お地蔵さんにお参りする人が次第に多くなり、「夜鳴き地蔵」と呼ばれるようになりました。

お問い合わせ
総務部  企画調整課  企画調整担当
TEL:0942-89-1655