みやき町

本文へ移動

文字サイズ文字サイズを縮小する文字サイズを標準サイズにする文字サイズを拡大する

背景色標準に戻す青色に変更する黄色に変更する黒色に変更する

担当課から探す

  • くらし・手続き
  • 子育て・教育
  • 健康・福祉
  • 町政情報
  • 観光・文化・施設
  • みやきで暮らす
ホーム>健康・福祉>国民健康保険>国保で受けられる給付

みやき町

国保で受けられる給付

療養の給付

病気やけがなどをしたとき病院などで保険証を提示すれば、以下の自己負担割合を支払うだけで、診療・治療・看護などの医療を受けることができます。

《自己負担割合》

義務教育就学前

義務教育就学後から

70歳未満

70歳以上75歳未満

2割

3割

昭和19年4月2日以降に生まれた方 2割

(一定以上所得者は3割)

昭和19年4月1日以前に生まれた方 1割

(一定以上所得者は3割)

入院時食事療養費の支給

入院したときは食費の一部を負担していただきます。残りは入院時食事療養費として国保が負担します。

《入院時食事代の標準負担額(1食当たり)》

一般


360円

住民税非課税世帯

低所得2 ※1

90日までの入院

210円

過去12か月で90日を超える入院

160円

低所得1 ※2


100円

※ 1 同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税の人(低所得1以外の人)
※ 2 同一世帯の世帯主および国保被保険者が住民税非課税で、その世帯の各所得が必要経費・控除(年金の所得は控除額を80万円として計算)を差し引いたときに0円となる人

住民税非課税世帯の人は、「国民健康保険限度額適用・標準負担額減額認定証」が必要です。
各庁舎の総合窓口課にて申請をし、保健課より交付を受け、入院時に医療機関に提出してください。

国民健康保険限度額適用・標準負担額認定申請書(06006.doc)

出産したとき(出産育児一時金の支給)

被保険者が出産したとき、42万円が支給されます。妊娠12週(85日)以上であれば、死産・流産でも支給されます。

ただし、産科医療補償制度に加入されていない医療機関で出産した場合は、40.4万円が支給されます。

支払方法は、原則として町から医療機関に支払うことになります。

(1) 上限が42万円(40.4万円)ですので、出産費用がその額を超えた場合は、医療機関に差額を支払ってください。
なお、出産費用が42万円(40.4万円)未満の場合は、その差額を町に請求していただき、後日申請者である
世帯主に支給することになります。

(2) 上記の方法をとらずに出産費用を全額医療機関に支払った場合は、医療機関から交付される直接支払制度を
利用しない旨の文書を持参のうえ、町に出産育児一時金の請求をしてください。

出産育児一時金支給申請書兼請求書(06009.doc)

【請求に必要なもの】

  • 国民健康保険証
  • 認印
  • 世帯主名義の預貯金通帳
  • 出産したことがわかる母子健康手帳または医師の証明書
  • 出産費用の領収・明細書

亡くなったとき(葬祭費の支給)

被保険者が亡くなったとき、その葬祭を行った人に3万円が支給されます。

葬祭費支給申請書兼請求書(06010.doc)
お問い合わせ
民生部  保健課  国保・医療担当
TEL:0942-94-5721