軽自動車税

軽自動車税の納税義務者

その年の4月1日現在で、みやき町内を主たる定置場として、原動機付自転車、軽自動車、二輪の小型自動車、 小型特殊自動車(農耕作業用を含む。)等を所有する方が納税義務者となります。
年の途中で廃車されても、その年度分の軽自動車税は納税義務があります。
逆に、年の途中で新規取得された場合は、次の年度からの納税となります。

軽自動車税の納期限

軽自動車税の納期限は、5月末日(金融機関の休業日(土・日及び祝祭日)の場合は翌営業日となります)です。
軽自動車税は、毎年5月1日付けで前記の納税義務者に対し、納税通知書及び納付書を送付しますので 納期限までに納入していただくようお願いします。

軽自動車税の税額と手続き

軽自動車の車種別の税額と、各種手続きを行う窓口については、下記の一覧表を参照してください。
軽自動車に関する一覧表 (86KB; PDF形式)

登録・廃車の申請手続について

平成26年度税制改正により、平成27年4月1日以降に税率が変更となります。

詳しくは、軽自動車税の税制改正について をご覧ください。

また、平成28年度より環境への配慮(グリーン化)という観点から、環境負荷の小さい車両に対して軽自動車税が軽減される特例が適用されました。

詳しくは軽自動車税のグリーン化特例(軽課)をご覧ください。

身体障がい者等に対する軽自動車税の減免制度

みやき町税条例第90条の規定により、身体障がい者や精神障がい者の方で歩行が困難な方(以下、「身体障がい者等」といいます。) が所有する軽自動車、身体障がい者等が18歳未満の場合はその方と生計を一にする方が所有する軽自動車については、 一定の要件(障害の程度、使用目的等)を満たす場合に軽自動車税の減免を受けることができます。

障害等級の範囲 役場税務課にお尋ねください。
使用目的等
  • 本人運転の場合:特に制限はありません。
  • 親族運転の場合:通院や通学等、目的や回数、期間に制限があります。
対象となる自動車 身体障がい者等1人に対して、1台限りです。普通車の減免を受けてある方は対象外です。
申請期間 毎年、納税通知書を受け取ってから、納期限までに申請してください。
申請時に必要なもの
(親族運転の場合)
納税通知書、身体障がい者手帳等、車検証、運転免許証、印鑑
(上記に加え、通院や通学等を証する書面等を必要とします)

税止めについて

廃車や名義変更の手続きをしないと税金が賦課されます。

県外での廃車・名義変更等の手続きや自己申告での申告を選ばれた場合は、税止め手続きをしないと賦課されたままになることがあります。

【税止めに必要な書類】

以下のうちいずれか1つをみやき町役場税務課まで提出してください。

  • 軽自動車税申告書
  • 軽自動車税変更(転出)申告書
  • 車検証返納証明書のコピー
  • 届出済返納証明書のコピー
  • 新ナンバー及び旧ナンバーの車検証のコピー
軽自動車税納税証明書(車検用)の交付について

軽自動車税の納税証明書(車検用)は、中原庁舎の税務課または、総合窓口課(北茂安・三根庁舎)及び住民窓口課(中原庁舎)でお取りいただけます。

ご来庁の際は、下記の物をご準備してお越しください。

※認印・社印は、申請書に押印されてご来庁いただいても差し支えありません。

各種税関係証明申請書⇒Excel(39KB;Excel形式) PDF(136KB;PDF形式)

郵送での請求をされる際は、郵送による証明書等の請求をご覧ください。

必要な物

来庁者

来庁者の身分証明書

車検証

委任状

認印・社印

本人・同一世帯の方

 

 

同一世帯以外の方

 

委任を受けている車検の請負業者

 

 納税は国民の義務です。納付期限を守って納めましょう。
 お支払いは口座振替をご利用いただくと便利です。

お問い合わせ
総務部  税務課  賦課徴収担当
TEL:0942-94-5636